みかわ旅館のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

宮古のご当地キティーを探せ!

今回のミッションは.....Impossible

 

おはよう、ハントくん!。

今回、君に与えられたミッションは、宮古市ご当地キティーを探してお客様にお渡しする事だ!。

一件簡単なミッションに思えるが、地元の人間に聞くと以外に知らない人も多く、観光客から「宮古ご当地キティー何処に売ってますか?」と聞かれても、殆どの地元人間は答えられない事だろう。

そこで今回、ハントくんに与えられた任務は、宮古市にまつわるご当地キティーを探し出しで確保し、旅館に宿泊中のお客様の手に無事にお渡しすることだ!!。

君の他に、君が指定したメンバーを仲間に加える事が出来る。

尚、今回のミッション遂行においてクルマ移動の際、万が一交通違反等で君が県警に捉えられても当局は一切関知しない。

 

では、幸運を祈る。

 

※尚、このメッセージは5秒後に自動的に読者の脳裏に焼き付くだろう。

 

 そう、今回のミッションの事の始まりは今日30日(日)の朝。

広島県から復興工事でいらっしゃっているお客様からの質問で、

 

宮古市ご当地キティーってどこに売っていますか?」

 

という質問を投げかけられたところから始まる。

 

6月から数ヶ月に渡って宿泊頂いているこのお客さま、間もなくお盆で実家の広島に帰る際に高校生の娘さんからのリクエスト ご当地キティー” をお土産で渡したいとのこと。

 

なんと、ハント(私:以下シゲト)は即答出来なかった.....。

 

ご当地キティーといえば、紛れも無く「お土産」の部類に入るので、お土産やさんを数軒当たれば見つかりそうだという事は理解出来る。

 

でも、地元に居りながらしかも観光関連の仕事をしているシゲトからすれば、これに答えられなかった事に対しのショックはあまりにも大きい。

 

お客様は、お店が分かれば自分で買いに行くつもりだったようだが、今日は日曜日でシゲトにとっては自由な時間が比較的取りやすい。

 

「このミッションは、私に任せてください」

とお客様に告げ、早速シゲトは情報収集を開始した。

 

 

大女将からは、宮古道の駅 ”シートピアなぁど” で見かけたような....との情報。

また、近所でCafeを営む 異人館のマスターからの情報で、宮古駅前の ”あかねや” で売ってそうな....との有力な情報が寄せられた。

ただ、”あかねや”さんってgooglemapで検索すると、今はカワトクさんに変わっていたような....。とりあえず行ってみる。

 

シゲト自身が得意とする検索網を駆使し ご当地キティー_宮古 でgoogle先生にて検索。要は、ただのネット検索.......。かっこ良く言ってみたかった.....。

すると、東日本大震災にて被災し、先日全線が開通した事でも有名な三陸鉄道さんにそのような商品があることが判明。

第三セクター方式で1981年に開業した三陸鉄道㈱ 通称三鉄(さんてつ)の三陸鉄道 宮古駅 にて、三陸鉄道HELLO KITTY」 なる いわゆる ”コラボもの” が売っているという情報を得た。

 

その他、近隣にあるお土産やさんを思い出すと.....やはり道の駅なのか?。

 

近所の道の駅となると、「道の駅 なぁど」の他に「道の駅 やまびこ館」「道の駅ふれあいパーク山田」がある。しかし、なぁど以外の道の駅は当館から片道40kmはある。これってお世辞にも近所とは呼べない。しかし、地図上では紛れも無く宮古市内なのだ。

 

 しかしながら、過去の経緯からしてもやまびこ館は期待出来そう。

mikawaryokan.hatenablog.com

 

って、普段からよくやまびこ館には行っているくせに、その道の駅で「ご当地キティー」が売っているかどうかも即答出来ないともなれば、諜報部員としての私の立場も怪しいところ。

多くの情報を入手し的確に与えられたミッションをこなせなければ、まともなスパイ活動など出来る筈もなく、そのミッションは失敗に終わるだろう。

 

なので、今日は旅館の清掃が終わった後に、ミッションを遂行する。

しかし、今日は宮古夏祭り。

市内はかなりの渋滞が予想され、ミッションは困難を極めそうな様相。

 

「しかし、何故今日に限って夏祭りなのだ!!」

 

という心の叫びなど届かない。

この記事の下書きを書き始めたのは30日の午前9:00~。だって、夏祭りは既にはじまっているのだから.......。

 

相棒に小1の息子をメンバーに加えてご当地キティー「宮古バージョン」を探しに市内を走り回る事にした。

今回のミッションにメンバーとして迎えられた息子の「レイ」は大喜び。

彼の能力はある意味計り知れない。

何の前兆もなく、突如騒ぎ出したり、意味不明な歌を歌ったり.....。

でも、今回のミッション、ひとりで行くにはちょっと寂しい。

夏休みなのに旅館多忙につき何処にも連れて行っあ上げられていないから....苦。

まぁ、連れて行けば、何かの役には立つだろう。

 

 

いざ、宮古市街地へ!

 

まぁ、何ともいいお天気で.....。

キティーちゃん探しには絶好のお天気?な訳で。でも暑い。

梅雨がようやく開けた東北地方の日曜日の天気。

朝から気温はぐんぐん上がってこの時点でクルマの温度計でプラスの32度。

 

そして、いざクルマに乗り込み走らせること当館から約7分。

第一のチェックポイントに定めたJR宮古駅へ。

 

夏祭りということもあり、既に駅前には露店が数件スタンバっていた。

 

 宮古駅着。

でも、今回のお目当ては「三鉄ハローキティ」なので、JR宮古駅には用は無いのです。

 

で、宮古駅のすぐお隣に駅舎を構える三陸鉄道の駅舎へGo!。

 

 

今日の本命はこちら 三陸鉄道 宮古駅 。

 

で、中に入り色々と物色してみたのだか、それらしきモノが見当たらない....。

メンバーのレイは、すでに売店に売られていたお菓子類に釘付けでそれどころではない。

 

「おまえ、今回のミッションをもう忘れたのか........」。

 

無理も無い、小学生なので......。

 

耐えかねて駅員さんに聞いてみた。

 

「すみません、ご当地キティーを探しているのですが、三鉄の上にキティーちゃんが乗った 三鉄ハローキティって在庫ありますか?」

 

すると、駅員さん。

 

「何ですかそれ?そんなの無いと思いますよ.......」。

 

何ともぶっきらぼうな対応。

 

自社で売っている商品を知らんとは......。これには非常にがっかり。歳のころ50代くらいの方。まさか、昨日一昨日に入社したばかりの新人さんとは到底思えない。

もしくは、私が三鉄の列車に乗るために駅に来た訳ではないと悟ってのネガティブな対応だったのか.....。

 

在庫が無かったという事実よりも、自社商品を知らない駅員さんとその対応にがっかりしたシゲトは、息子のおやつのみを購入して三鉄の駅舎を後にした。

 

ファーストミッションは敢え無く失敗に終わる.....。

 

本家の三鉄の駅舎に在庫が無い(知識が無い?)となれば、宮古市内どこを探しても恐らく無いのだろうと、三鉄キティーは諦めて別のご当地キティーにターゲットを変更。

 

さぁ、気を取り直して次の目的地に。

 

と思った矢先、先ほど通りすぎたJR宮古駅に併設するおみやげ屋さんがふと気になった。

 

 

「ぐるっと遊 宮古駅店」

調べたところ、JR東日本グループの直営店?なのだろうか、入った事は一度もない。

 

地元の人間ほど地元のおみやげ屋さんって結構縁が無いものである。

 

とりあえず、ダメ元で入ってみることに。

 

入ってすぐのレジに、見るからに愛想のいいお姉さまが2名立っていた。

入った瞬間 「いらっしゃいませ~~!!」

やっぱり客商売はこうでなくっちゃ!!。

 

で、早速聞き込みを開始。

 

「すみません、ご当地キティーを探しているんですが、宮古にまつわるご当地キティーちゃんってありますか?」

 

「あぁ~~、宮古市かどうかは微妙ですが、三鉄のやつが.......」

「なにぃ~、三鉄のキティーちゃんがあると!.....」。

 

 どれどれ、案内されて見てみると........

 

 

発見!!、ありましたっ!!!!

 

なんと、2件目で見事にGET!

 

ご当地キティーを探していたお客様の話では、1個あればいいという事だったので、お客様用と自分のブログ撮影用に2個購入し、ぐるっと遊さんを後にした。

 

 

 三鉄の列車の上にキティーちゃんが乗ってます。

勿論、シゲトは男なので、キティーちゃんなんぞ興味は無いのだが、

 

「これ、結構可愛ぃ♡....」

 

一応、あっち系では無いのでご心配なく。

きっと、お客様の娘さんも喜んでくれるだろうという事でニンマリしたのだった。

 

しかし、本家の三鉄で在庫がなくて、JRの売店で売っているというのも......。

 

このあと、夏祭りパレードの御一行様と出くわすも、ミッション最優先なので直ぐに別のターゲットに移動する。

 

 

 シートピアなぁど

 実際にご当地キティーちゃんは1個GETしているので、敢えて別の店舗を周ることもないのだが、この際だから「ここには売っている、売っていない」の区別を付けるためにも情報収集はきっちりとしておかなければ。

実際に行って見たのだが、それらしきものは一つも見当たらなかった。

 

一応、写真は載せておきますが、ご当地キティーちゃんは無かったのでミッション対象外という事で。

 

まとめ

 

という訳で、無事にミッションを達成したシゲトとレイは昼過ぎに無事にIMF本部に帰還することが出来た。

今回のミンションでは、CIAとの情報の争奪戦も事前に予想されたが、それを何とか回避しつつミンションを遂行した。

勿論、県警に捕まることも無かったので......笑。

 

※今回のエントリーの一部は架空のもので、実在する組織と一切の関係性はございません。