みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

みかわ家の研修旅行記②

みかわ家の研修旅行記①からの続き

 

仙台城址に立ち寄って時間を潰した我々は、チェックイン時間に合わせて秋保へと向かいました。仙台城址からは約20km、道路状況にもよりますが30分程度で行けます。

 

前回記事です。

 

mikawaryokan.hatenablog.com

  

国道286号線、仙台市民の呼称 ” にーぱーろく ” と呼びます....笑。この286で秋保へ。夕方3時を過ぎた辺り、結構混んでました。方角的には西に向かうのですが、日中は厚い雲に覆われていた岩手県でしたが、宮城県はほぼ快晴になってました。強い西日と格闘しながらの移動で集中力を消耗してしまいました。

 

1泊目のお宿 「篝火の湯 緑水亭」

 

 お宿に到着です。

 

駐車場はこの写真の左側でこの敷地よりも一段下がったところにありました。

敷地内の状況が解らなかったので、取りあえず玄関前までクルマを走らせますと、お出迎えの従業員さんが歩み寄って下さり、「駐車場は下になります」との事。

 

「あ、やっぱりか!.....」。

 

すかさずUターンして駐車場に戻ります。

しかし、駐車場からエントランスまで結構な距離です。歩いて2~3分程度でしょうか?。

 

「荷物置いてくればよかったね~」

 

と話しながら駐車場にクルマを停めて、エントランスに向かおうとした瞬間、なんと!送迎用のワンボックスが後ろからついて来てくれていたらしく、気が付くと目の前に停まっておりました!!。

 

「玄関までお送りいたします....」

 

さすがですね。この気配りにちょっと感動しました。

 

緑水亭さんは秋保温泉の中でも高台に位置している為、見晴らしが最高でございます。

ロビー前のガラス越しにはすばらしい日本庭園が広がっており、「こんなホテルに泊まれるなんで幸せ~」的な感じで気分をアゲアゲにさせてくれます。

 

チェックイン後、中居さんの案内で部屋に向かいます。

中居さんは若い20代の女性でしたが、5歳の息子によく話しかけてくれました。

子供に話しかける時は敬語は一切使いません。でもこれ基本です。

 

接客業とは言えど、子供に敬語で話しかけたりすると、こどもの警戒心を増幅させてしまいます。子の性格によってはその人に対して会話を閉ざしてしまう恐れがある.....と若いころ接客業の神様に教わりました。

 

でもその辺、さすが分かっていらっしゃる!。

まさに従業員教育そのものですね!!。

でも、やはり接客業ですから、人と接する事に対して嫌悪感を抱いている方はまず従事されないでしょう。

この中居さんは、本当にフレンドリーでとても好感が持てました。 

 

部屋到着後、館内の説明を受けて食事時間帯等の段取りを済ませました。

 

お部屋は文句なしです!。最上階!!とてもよいお部屋でした!。

 

母と私ども夫婦の就寝時間が違いすぎるので、部屋選びには気を使いました。

 

ロケーションの大切さ....

ふと窓の外を覗くと、その景観にため息.....。

画面中央上の木々の影に例の駐車場が見えます(やっぱり結構距離ありますよね)。

■PM16:00~

 

そして更に圧巻だったのが、この庭園風景の夜の姿。

 

■PM17:00~

 

■PM21:00~

 ライトアップされてました~~~~~~~~!!。

 

こんな演出憎いですよねぇ~。

 

庭園のライトアップは結構やられているホテル・旅館さんも多いですが、改めて観光ホテル・旅館のロケーションの大切さを垣間見ました。

そのロケーションが醸し出す演出によって、お客様は現実を忘れる事が出来ます。

やはり、観光ホテルや温泉旅館を利用される方々の大半は、日々の疲れを癒やしたいとの目的利用が多いかと思います。

やはり現実逃避をするには、日々あまり接することの無い、このようなロケーションを仕立てあげる必要があるのですよね。

 

うちの立地条件ではちょっと難しくてとても真似は出来ませんが、知恵を絞れば何かがひらめきそうです.....、がやっぱり厳しいでしょうね.....。

 

 

緑水亭さんのお料理(篝火御膳)

 f:id:shigeru0214jp:20160109055650j:image

 

f:id:shigeru0214jp:20160109055708j:image

 

■前菜

タラバカニの酒蒸し

 

■お造り

 

 ■炊き合わせ

 

■和牛

■クリームパイシチュー

 

■お子様料理

 いやぁ~、お子様料理でこのボリューム!!。懐石ですね~。

いゃ、俺もこっちのほうがよかった......笑。

 

致命的な落とし穴......

事前に下調べしなかった私が悪いのですが、なんと!!Wi-fi環境がありませんでした。

旅先でブログを更新する予定でノートPCとipadまで持参したのですが、結果NGでした。

はてなアプリで皆様のブログをチェックはしたものの、夕方あたり追い打ちをかけるかのように4G回線も妙に遅く感じ、とうとうブログチェックを断念。

言い訳するつもりはないのですが、年末にブログ更新が滞ったのはこの辺りからです。

しかしながら、Wi-fiがなかったとしても、更新出来ないだけで下書きぐらいは出来ますからね。

やろうと思えばもちろん4Gでも更新は出来る!!。

ただの言い訳ですよ......本人のやる気が無い+意思が弱い......反省です。

 

ただ、これだけの大きいホテルさんですから、このご時世でネット環境がないというのはちょっと致命的かもです。

Wi-fi環境を必要とされるお客様の割合ですが、100人中50~60人くらいは居るのでは無いでしょうか?スマホ普及率とタブレットの所持率等々を鑑みても余計にそう感じます。

 

こればかりはお客様に言い寄られても言い訳できないでしょうね。

 

その場で緑水亭のHPを見ましたら、 Wi-fiは館内ロビーのみの対応” という事でした。残念。

 

夜お暇だったので、復活した4G回線でAmazon Videoを2時間ほど観てたのですが、auのカケホ2G契約なので、たったの2時間であっさり通信量オーバーとなってしまいました。でも、月末でよかったです....。

普段出歩くことが無く、Wi-fi環境にどっぷり浸かりすぎている落とし穴でもありました。

 

ご利用は計画的に....ですね。

 

2日目

朝食はバイキングでしたが、その品数の多さに驚愕!!

すみません、またもや写真撮るの忘れました。ブログで旅行記を語る資格なし。

 

コックさんも、各セクションに配置されていて、その場で手作りオムレツ等々を作ってくれていました。我が家では誰も頼んでませんでしたが.....。せっかくなのにね~。

 

「自分は洋食オンリー!」と宣言後、意気揚々とトレーを片手に練り歩きましたが、不明なそうめんチョイスが.....!!でも、朝に温麺もなかなおつです。

 

ご子息も満足そう....と思いきや、あまり食べてない....。お前は眠いだけだろ!?。

 

そんなこんなで、AM9:00前にチェックアウトしました。

 

「緑水亭」さんのまとめ

うちの嫁は大の緑水亭ファンになったそうです。

 

料理も、一つひとつに心が込められていて、作り込み感がとてもよく伝わりました。

 

「お部屋が良かったのはパパが頑張ったからだからね!!」

 

と何度言っても、支払いの事とか家族にはあまり興味がなかったようで......。

このようなお客様が増え、リピート率がUPしないと宿泊業はホントに大変なのですよ。

でも、これはパパが頑張ったから....ではなく、緑水亭さんスタッフの心からのおもてなしがあってこその滞在中の満足感ですから、パパは勘違いしてはいけませんね。

 

施設も大きだけに、従業員さんの役割分担も明確且つ迅速でした。

とても羨ましいです。

従業員として、(若いころだったら)私も働いて見たいと思いましたヨ。

 

 スケジュールが許せば、今年の年末も行きたいと思ってます。が、秋田、青森、福島、山形も温泉地は多数あるので、他も観てみたい気もします。 

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

今回の記事の文字数 ”3245文字” でした。

 

 

 

最後にブログランキングに参加中です!!。

 

  「清きワンクリック!」で

 皆様の応援、宜しくお願いします!

 

       ⇩  ⇩

 

      にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
        にほんブログ村