みかわ旅館のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

みかわ旅館の業務日誌71

今年もあと10日ですね

12月の営業も最後の週と差し掛かりましたみかわ旅館です。

 

業務日誌というタイトルを銘打っておきながら、相変わらず旅館業務とはあまり関係の無いものを綴ります....笑。

 

あとちょっとで年末.....と浮かれていられる場合では決してなく、決算の準備も同時に進めなければならないのですよ!。状況的には一日30時間くらい欲しいな....といったところです。

 

一日=24時間というのは、誰にでも与えられている一日の限られた時間でありますが、

 

では、仮に一日が30時間となった場合、つまりは一日の時間がもしも6時間増えたら、

 

皆さんだったらどの様に使いますか?? 興味津々....。

 

私shigeは.....多分寝てます.....笑。

と言いたいところですが、1週間に一度も休みが無い状況が続いている昨今の状況を考えると、きっと趣味の時間とかに当てるんでしょうかね?。

 

先週のニュース

厨房にエアコンが付きました。

開業から1年と3ヶ月。厨房は建築時の予算の関係でエアコン無しの状態で営業してました。

とは言え、隣の食堂に天井埋め込み型のエアコンがあるし、ガスコンロ3基を全開にすればたちまち暖かくなる状況にあったので、当初は付ける予定もありませんでした。

しかしながら、当館の女性陣に「寒い!!」の一言を囁かれ続けること1年、ようやく設備投資へと動き出しました。

今年は、駐車場の舗装を始めとする 「お客様の為の設備投資」 を大前提に資金を投下して来ましたが、流石に寒さを的に回すのもどうか?と思い、設置に踏み切りました。今月が決算なのにちょっと大きい出費があると、月末の数値が気になってしょうがないこの頃でございます。

 

でも、それで家族が気持よく仕事をしてくれるのだったら、そればそれで良いのかな?と思います。

 後付けなのでどうしてもルームエアコンになってしまいましたが、私イチオシのルームエアコン 「三菱の霧ヶ峰」 です。因みに旅館の業務用エアコンはダイキンさんです。業務用エアコンのシェアでは、たしかダイキンさんがトップだったと思いますが、ルームエアコンに関して言えば、以前住んでいたアパートも2年前に建てた自宅も全て三菱製でした。三菱の大きな特徴で言えば、まず故障が少ないです。エアコンが故障して業者さんを呼んだという経験が三菱にはありません。

 

一方のダイキンさんは、旅館の業務用エアコンでトラブルが多数....。

事務所、客室、あちこち止まります。でもこれは、ダイキンさんが悪いのではなくて、どうも設置した業者さんの施工時のミスによるものだとか?。

設置時に投入したガスの充填が少なくて、管内の圧力が上がらないのが原因なんだそうで、何回か修理に来て貰ってますが現在もいつ止まってもおかしくない状況で爆弾を抱えています。不安を抱えながらの営業ですので、石油ファンヒーターの予備も準備してあります。

 

岩手の中でも温かいと言われる宮古であっても、今朝の最低気温は0度ですぞ!!。さすがに暖無しでは死んでしまいます。

 

今シーズンは止まらない事を祈りますが、実際のところ、施工業者さんって症状が悪化した時じゃないと機械をメンテしに来られませんから、次に止まるまでメンテに来ることはまずありません。そういった意味では早いうちに止まってしまって、その時点でしっかり完治してもらったほうがいいのかもしれませんね。

 

ダイキンさんを否定をする訳では無いのですが、開業直後からあちこちの部屋のエアコン停止のトラブルが続くと、そのメーカーの製品はいいのに施工時のミスがあって施主が苦労させられる....。結果、ユーザーとしては、メーカーのイメージが低下してしまいます。

せっかくメーカーさんがいい製品を作っても、施工業者さんのちょっとしたミスによりトラブル多発でクレーム集中だったら、メーカーさんが可哀想ですね。

 

因みに、この記事のエアコンの一件は、メーカーさん・施工業者さん共に紳士的に対応してもらっています。

 

御見舞い

昨日の日曜日は、先週危篤の状態にまでなったものの、奇跡的に回復された妻のお義母さんのお見舞いで一路盛岡へ。

さすがに日曜日でしたので、交通の流れが比較的ゆっくりめでした。

運転に不慣れなサンデードライバーさんが多かった?ようにも見えました。

有り得ないところで突然ブレーキ踏んだり、速度キープが出来ないクルマに延々と1時間ばかり先導されるので、後ろを走っているものはホント大変です。散々な目に会いました。

 

そんなこんなの交通事情なもので、予定より30分遅れで盛岡に到着。

妻の実家に顔を出して、それから皆さんでお義母さんの御見舞へ。症状もよくなったとは言え未だ油断は出来ないとの事から、あまり長居はすることなく30分程度の面会時間でした。大分痩せてしまっていましたが、顔色は良かった様に思いました。

なんとか一命を取り留めてくれた事に、ひたすら感謝・感謝です。

 

何より息子の顔を見て、涙を浮かべて喜んでくれた事が印象的でした。

こっちまでもらい泣きしてしまいそうでしたが、もっと早くに訪れるべきであったとしばし反省もしました。

 

早く良くなって、退院して欲しいと思います。

 

今年やり残した事のおさらい

取りあえず、年末の仕事としては、まず年賀状は出しました。

正月に使う飾り物の発注も済ませました。

あとは、決算の為の棚卸しを今週末に行う予定です。

その他、源泉徴収のまとめ、売掛請求書の締め切り、会計ソフトの年度末の締め切り等々...結構あるな....って感じです。

あ、そうそう、館内の大掃除と寝具のクリーニングの段取りもしなければなりません。

楽しい1週間になりそうですよ!!。

 

話は変わって、私事ですが、私shigeは昭和49年2月の生まれですので、今年が前厄でした。そして来年は本厄になります。

厄払いを全くして居なかった事をふと思い出し、年内中にやろうかと思ってましたがどうにも時間が取れませんでした。そんな訳で、来年早々お世話になっている神社さんに厄払いをして頂こうかと思っております。

 

実際に起業したのが昨年の前厄の10月。

厄年に起業っていうのも何か縁起が悪いのではないか?と心配していたのですが、とある方から一言。

 

「厄年の起業は返っていい(成功する)みたいよ!!」

 

と言われて、背中を押してもらった事がありました。

 

ただ、私自身、旅館の開業は旅館の建築が終わり物件を引き渡してもらった直後からと決めてましたので、たまたまそれが前厄と重なっただけの話なのですが、当初はちょっと頭に引っかかっていたのも事実です。

 

厄年に起業なんかして縁起が悪い。数年後に破産したらどうしよう??とか、やっぱり考えます。

 

でも、厄年に起業したほうがいい...という話もどれだけの信ぴょう性があるのかどうか分からない話なのですが、私は信じたいと思います。と言うか、信じて止みません。

そもそも厄年自体が科学的に解明されていないとも聞きますが、昔からの言い伝えや迷信は100%信じるほうなので、この考え方は大事にしたいな.....と思っている12月でした。

 

 皆様もやり残した事は有りませんか??

 

年末になってバタバタしませんように、この10日間お互いに計画的に物事を進めましょうではありませんか!!。

 

くれぐれも、ご無理の掛からない範囲でお願いしますね!!。

 

 

 

最後にブログランキングに参加中です!!。

 

  「清きワンクリック!」で

 皆様の応援、宜しくお願いします!

 

       ⇩  ⇩

 

      にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
        にほんブログ村