みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

迷惑な営業マンさんお断り!!

相変わらずのバタバタです

開業から1周年とは言え、通常営業にて普段通りのみかわ旅館。

今週は何かと取引先さんの来客が多く、バタバタしております。

基本的に午後は仮眠タイムを邪魔されるのを嫌うので、アポを要求されると午前中に無理やりスケジュールを入れています。

 

これがいいのか悪いのか?

 

午前中は、朝5時の朝食準備から始まり、館内清掃と仕入までの流れですが、途中にまかないタイムを入れてしまうと、仕入から戻ってくるのは正午の12時になってしまいます。

 

これを嫌って、最近では朝食タイムを割愛して、午前7:00過ぎに全てのお客さまの出発を見送ってからちょっとの休憩を挟んでそのまま館内清掃に突入しています。

 

そのほうが逆に体が楽だったりします。

 

取引先さんとの繋がり

今週はその取引先さんと話す頻度が何故か非常に多い週で、そのための自分の時間をちょっとだけ犠牲にして、色々とお話を聞きます。

やはり、市内の業者さん方と色々とお話を聞くと、様々な情報が入ってきます。

実のところ、自分の時間を邪魔されたくない私、全てのアポをシャットアウトしていました。基本的にこのスタンスは変えるつもりはないのですが、どうしてもその業者さんとアポを通じて用件を詰めなければならない場合は話が変わってきます。

 

 

そんな中、ちょっとした事から人との繋がりを垣間見る時があるんですよね。

アポをシャットアウトしてしまうと、それこそ独りよがりの経営者になってしまいがちですが、このご時世、やはり業務の拘束時間を優先せざるを得ない状況は変わってないのです。

この業者さんと、この取引先さんが繋がっていた!なんて事実が発覚すると、双方に迷惑のかからない立ち振舞をせざるを得ないこともしばしば....。

 

しかしながら、そんな中 「お時間ちょっとだけ貰っていいですか~」ってアポが入ると 「ん~、ちょっと無理ですね~」という具合になってしまうのです。これが現状です。分かって入るつもりですが、残念ながら人は皆 1日=24時間 という時間しか与えられていないのです。

 

話好きの業者さんだと、1時間程度話し込むこともザラですので、これが後々業務に支障を来すことになります。

 

人との繋がりや、取引先さんとのそのような時間を重視したいと考えていても、現実問題なかなか難しいところなのです。

 

なので、今は割りきってワーカーに徹するしかないのですね。

そんな意味で、現在のアポ受け入れは、本当に今必要な業者さんのみ受け入れるようにしています。特に開業時にお世話になった取引先さまは最優先に時間を空けるようにしてます。

 

看板を見て飛び込み営業をされる方も勿論いますが、私から言わせれば論外ですね。

今頃来られても遅~~~~~~い!!!!。

 

 

飛び込み営業を撃退する!!

もし、このブログを読んでいる方で営業の仕事をされている方がいらっしゃったらスミマセン。営業の方を悪く言うつもりは一切ございませんので、それを考慮して以下をお読み下さい。

 

たまにですが、業者さまと思われる方が来館して、

 

「社長さまはいらっしゃいますか?」

 

という問いかけに対して、

 

「今、ちょっと居ないです~」

 

って嘘をつくことがあります。

 

嘘をつくことは良くないですね?

でも、私嘘は申しておりません。

何故なら、うちには社長という肩書が付く役職者が居ないのです。

それは......当方は個人事業だからです。

 

ですので、実際は

「今、社長と肩書の付くものはちょっと居ないです~」

が正解です。

 

そうなりますと、みかわ旅館は経営者不在の事業所になってしまいますが、兎にも角にも今は業務が優先です。滞在中のお客様にご迷惑は掛けられません。

 

でもそれを知ってて、「社長!」 と言われる古い取引先様までは否定しませんが、初めての営業の方だと、ちょっとだけ意地悪してしまいます....性格悪いですね......。

 

とある方は、個人事業であってももしかしたら将来法人化することもあると思うから、「社長」って呼ばれる事に慣れておいたほうがいいよ!。という方も居ます。

うちは100%ないでしょうが......。

 

しかし、

「代表の方いらっしゃいますか?」

と言われれば言い逃れ出来ません。名刺交換のシュチュエーションになった場合嘘がバレてしまいます.....。

 

この対応ですと、名刺だけ置いていって二度と来ないパターンが殆どなので、精神的に余裕の無いときは使ってます。以外に使えます!。

 

また、困ったことに、この手の営業さんは何故か旅館業で一番忙しい夕方に来られるケースが殆どです。

大概、バタバタしている時間帯は気が立ってますので、そのような業界の常識も知らずに飛び込み営業されると、ついイラッとしてしまって「お前は素人か!」と言わんばかりに意地悪をしてしまうのですね。

 

お昼にご飯を食べている時間の営業も過去にありましたが、あのときはさすがにイラッとして、かなりキツい口調で撃退してしまいました。ゴメンナサイ。誰だって至福の一時は邪魔されたくないのです。

  

ただ、もっと時間的に余裕のある営業がしたいものです。

 

 今日はちょっと毒を吐いてしまいましたが、空気を読めない営業さんに当館も敷居を跨がせないための施策ですのでご了承下さいませ。