みかわ旅館のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

~本州最東端から愛を込めて~

まえがき

こんばんは、横チンさんからエアオフ会の招待状を貰いました。

この記事は、ちまこ通信さん、横チンさん、マミーさん、marcoさん、私shigeの計5名による連載記事になります。このブログだけを読めば「なんだこれ?」なんですが、この5名が各自UPした記事を繋ぎあわせて一つのストーリーとなっています。

 

詳しくは、横チンさんのブログを御覧ください。

 

5名のブロガーさんと焼肉屋さんで飲み食いしているという架空の設定です。

それではお楽しみ下さい!。

 

 

      ⇩     ⇩

 

yokobentaro.hatenablog.com

  

~こんにちは 宮古からの参加です~

 

shige  「ではでは、岩手県宮古市から参加のshigeが宮古と旅館の紹介をさせて頂きます。

 

ちまこ「shigeさん、スマホ画面にgoogle mapが....」

 

shige  「あっ!、お登り感ハンパないですね!それはそうなんです。田舎暮らしが長いもので....」

 

shige   「で、皆さんは宮古の事、ご存知ですか?」

 

マミー「実は、あまり.....」

 

shige   「ですよね~、では簡単にご説明させて頂きま~す!」

 

shige   「宮古市は本州最東端の街、本州で一番早く日の出が見られる街なのです!」

         「そして、市内には陸中海岸国立公園である浄土ヶ浜があり、通年観光客で賑わってい

    ます!。三陸沖の漁場からは毎日捕れたての新鮮な海の幸が市内の市場・スーパーにお目

    見えしますよ!

 

横チン「名産は?そう言えば、こないだ秋刀魚の記事載せてたね~。ちまこさんに感化されて?」

 

shige   「バレてました??まぁ、これもちまこさんのブログの影響力という事で!

    今の季節なら、やはり秋刀魚ですかね?。秋刀魚は焼いてよし!すり身にして汁にしても

    よし!鮮度がいいなら刺身でもOK!!

 

marco 「へぇ~刺身でも食べられるのねぇ?~」

 

shige   「そうそう、それでは市内の観光名所浄土ヶ浜をご紹介します!」

 

浄土ヶ浜をご紹介~

 shige   「浄土ヶ浜は、三陸を代表する景勝地の一つです。特徴は何と言っても鋭く尖った白い

    流紋石が横長に並んでいて、青い海そして青い空の色とのコラボレーションが絶妙なの

    です!」

 

shige   「これは是非、晴れた日にいいて欲しいですね。浄土ヶ浜を見るなら、青い空じゃなけれ

    ば意味がないのです!因みにこの浄土ヶ浜から宮古湾を40分かけてクルーズする観光船

    も出ていますので、お時間のある方は是非~!」

   「因みに、船の弱い方は酔い止め薬のご準備もお忘れなく!!」

 

~ 旅館のご紹介~

shige   「それではですねぇ、我が旅館の紹介をしたいのですが......」

 

shige   「皆さん口を動かしてばかりいないで、ちゃんと聞いてくださいよ~!(笑)」

    「そこ!!ちまこさん!!!、何をゲラゲラ笑ってるんですかぁ!飲んでもいないのに

    ナチュラルハイですか??」

 

 ちまこ「旅館の話もいいけれど、早くお料理の話が聞きたくて~待ちきれないのよ~!

    うふふ....」。

 

shige   「分かりました!。まずは順番に旅館の説明からさせて下さいませ~」

 

 

<みかわ旅館>                  

 東日本大震災にて被災。 

 旧屋号は”民宿みかわ”でしたが、心機一転 

 屋号を”みかわ旅館”に改め、2014年10月に営  業を再開いたしました。

 お陰様で間もなく1周年を迎えます!。

 

 shige  「えっ!オーナーは誰だって??決まってるじゃないですか!私ですよ!shigeですよ!!

    「私、至ってポジティブな性格。人に対して、感謝の心を忘れません!!」

 

~震災から復興へ~

f:id:shigeru0214jp:20150917085430j:plain

  去る2011年の3月に発生した東日本大震災

  にて被災し、住宅・建物が全壊してし

 まいました。ホント、何度見ても酷い

 有様です。

 震災は、多くの尊い命と財産、思い出まで

  奪われてしまいましたが、それとは引

 き換えに私たちに「絆」という想いを気

                        づかせてくれました。多くの人々の支援

                        があって、私達  は今こうして生活が出来ています。

  

f:id:shigeru0214jp:20150917085437j:plain

  少しでも多くの方に感謝の気持ちを伝えたり、震災を

 風化させないよう、そして後世に残すために始めたの

 がこの「みかわ旅館のブログ」です。だから、今こう

 して執筆したブログを不特定多数の読者さんが訪れて

 くれていることは本当に有り難い事だと思っておりま

 す。

 

 

 

 

~松の木のお話~

f:id:shigeru0214jp:20150621180757j:plain

 marco 「そう言えば、庭に松の木があるん

    だよね?

shgie   「そうなんです!樹齢100年以上ら

    しいのですが、震災で半分以上塩水

    に浸かったのに今もまだ生きていま

    す。で、~常世の松~と名づけまし

    た。 

 

shige   「その名前の由来は ~永久的に変わらないもの~ という意味なのだとか....」

 

    「因みに、名付け親はちまこさんです!!」

 

ちまこ「ああ~思いつきで付けちゃたから、はずかしい~~」。

 

shige  「残念ながら4ヶ月前の植え替え後からずっと調子が悪く、後1年も持たないだろうと言われています

     が、しっかり子孫を残してくれていて元気に育ってます!」

料理

 

 横チン 「他になにかオススメポイントは」

 shige   「旅館の売りは何と言っても手作り料理です

    ね!。地物の海産物、特に旬の食材をふんだん

    に使った料理でお客様の胃袋を鷲掴みです!!

    ただ、1泊のみの観光のお客様ならまだしも、今

    は復興工事関係の長期のお客さまが多いのです。

    毎日和食ばかりでは飽きてしまうので、月に一回

    スペシャルカレーを作ったり、手作りの煮込み

    ハンバーグ、オムライス、グラタンなども提供

    しています。前職の洋食経験が長かったので、

    その経験をうまく旅館料理に反映出来ないか?

    と。サプライズで提供するので、もうお客様は

    大喜びです。先日はお寿司もやりましたね」。

 

 

ちまこ 「行きた~い!。次のエア宴会は、shigeさんの案内で宮古でお魚三昧、って言うのはどうかし

    ら??季節は、え~っと.....。というか、エアじゃなくても家族旅行で行きたくなって来ちゃっ

    た....」。