みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

久々にハマった会計処理....

あれ!、帳簿の金額が合わない....

今日は会計のお話です。

ご興味のない方はゴメンナサイ!スルーして下さいませ。

 

9月に入り、会計ソフトと販売ソフトも当然新たな月の処理へと更新されて、データも”ゼロ”からスタートなのですが、何故か帳簿が合わないのです。その金額¥30,000-とちょっと。

 

現預金の合計額は合っているのに、売掛金と立替金の合計金額が毎回おかしな数字が並んでます。もっと早く処理(修正)しなければならない問題なのですが、何分ブログの執筆に余念がなくて...(ってお前の本業は何だ!?)。

 

昨日、8月末にお出しした請求書ののデータを入力している最中に、やはりその数字が気になります。現預金金額は合っているから問題ないと今までスルーしてきたのですが、とある業者さんの売掛金の入力画面に移行すると、何故か請求した金額と合わない累計額が表示されるのです。

 

この原因は、昼食のお弁当を当館で外注し、その外注先である弁当屋さんには請求先の業者さんに変わって当館が現金で一旦精算し、その後請求書に弁当代を乗っけて請求しているのです。ただ単に、その際の仕訳の間違いでした。

 

使用する勘定科目は、

 

立替金

売掛金

 

程度なのですが、なんとも初歩的なイージーミスをしたものでしょう。

 

例えば、1ヶ月の宿泊代¥100.000として、それに弁当代¥10.000を上乗せして¥110.000で請求を出したとして、私は.....

 

売掛金   110.000     売上高  110.000

立替金     10.000                     現金     10.000

 

と入力していたようで、これでは合計額は¥120.000-になってしまいますよね。

 

正解は

売掛金   100.000    売上高   100.000

立替金     10.000             現金             10.000

 

でよかったようです。

 

仮にこれで入力を終了してしまうと、当館で売り上げたわけでもない弁当代10.000がうちの売上になってしまい、結果的にその分所得税が加算されてしまうという恐ろしい付録付きでした。

 

これをしっかり売掛金と立替金を分けて仕訳しないといけないんですね~。

 

どうしてこのような状況に陥ったかというと、便利過ぎる弥生会計の恩恵に預かりすぎた事が要因です。

 

f:id:shigeru0214jp:20150902084446p:plain

入金処理と出金処理、2つのアイコンからその日の取引を入力すると、後は全て会計ソフトが必要に応じて仕訳してくれて入力が終了するのですが、実はこの便利な機能に慣れてしまうと、肝心の正式な仕訳が覚えられないのです。

その時点で間違った入力をしてしまうと、関連する帳簿に全て間違った処理が自動で転記されてしまうので、今回のように入力した本人はしばらく経たないと間違った事さえ気づかない事があります。

 

実際に、弁当屋さんに現金で支払っているので小口現金も動いています。売掛金が口座に振り込まれた際の仕訳も間違っているので預金出納帳も合わない、立替金の仕訳も間違っているので貸借対照表の立替金勘定もおかしな数字。最後に、売掛帳は正規の売掛金額の合計と合わな~い!

 

結論....

 

たった一つの取引入力を間違っただけで、それぞれも項目全てが変わってしまう、いわば恐ろしい事です。事業責任者 件 経理担当なのですが、この無知は罪に値しますね。

 

但し、どこかの大企業様のような粉飾決算はしませんので......。

 

ここで何が言いたいかと言いますと、会計ソフトは便利な機能に慣れ過ぎてしまうと自分が成長しない!という事です。

多少なりとも、損益が読める、貸借対照表が理解出来ても、会計の根幹である仕訳が理解できずに会計ソフトを駆使しても、何の意味も成しません。

 

きっと蓮舫さんにも叱られますよ!!

 

ですので、会計ソフトの便利機能に頼るのではなく、経理の本を手元において

 

 

振替伝票を使いましょう!!

 

f:id:shigeru0214jp:20150902090223p:plain

 

 

商業高校を出て、少しでも簿記をかじっていれば知識もあったろうに、残念ながら私は工業高校の出なので簿記とは一切無関係。いや、専門学校で少しはやりましたが、先生が嫌いだったのでほぼ放置してました。これが人生最大の敗因ですね(ちゃんとやっとけばよかった.....)。

 

 昨日この仕訳の間違いを認識するまでにかかった時間....2時間30分。

 

貴重な時間をロスしてしまいましたが、この2時間ちょっと悩んだお陰で、私は生まれ変わることが出来ました!!!!。

 

という訳で、今日から全ての仕訳を ”振替伝票” を駆使して頑張りたいと思います。