みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

事件?は未明に起きた!!

今日は全国的に日曜日ですが、サービス業に携わる皆様はこの暑い中必死に業務に勤しんでいる事と思います。

 

私もその一人なのですが、昨夜のご宿泊のお客様が少人数だったため、今日の午前中の清掃はすんなり終わりました。ほんと、今日はすんなりで助かりました。その訳は、最後までお読み頂ければ分かります。

 

とは言え、私は朝食の準備で相変わらず朝の4時起きでございます....。

 

そして話は、今日の未明の事なんです。

 

事件は会議室ではなく〇〇で起きていた! あおしまーーーっ!

 

昨日の土曜日にチェックインされた観光のお客様がいらっしゃいました。正確に申すと観光ではなく法事(お墓参り)だったのですが、ご夫婦と1歳の幼児の3名様でお越し頂きました。

夕食時に色々とお話していますと、子供の夜泣きが心配で他のお客様にご迷惑が掛かるかも....と酷く心配されておりました。

私としても、幸いなことに昨日は組数が少なかったので別の宿泊者さまとの部屋の距離を取って配慮し、「心配なさらなくても大丈夫ですよ!」とその旨を伝えてはいたのですが、旦那様のほうがやはり気になるご様子。それでは!と、いざ夜中に鳴き出したら、1階奥の無人の客室(宴会場)があるのでお子様が泣き止むまで自由に使って下さいと伝えると、すっかり安心したご様子。

 

そして、事件は起きた!!

 

そして、その夜....つまりは今日の明け方の事です。

 

仮眠を取っていた私は、とある泣き声で目を覚ましました。時計を見るとAM3:30!

あと30分で起床しなければ...と思いつつ、その泣き声にハッ!としました。

 

「あのお客様のお子様が泣いているのかな??」

 

しかも、その泣き声は尋常じゃありません。

 

なんか、「ぎゃーー!!」というか「うわぁーーーー!!」というか、とにかくすごい大きな泣き声で、館内はおろか隣近所まで共鳴と言うか響いている状態です!。

 

 

 慌てて1階の宴会場に行ってみるも.....声がしないどころか人影もありません。

 

「??」

 

すると、また何処からか泣き声が聞こえて来ます。

 

しかし、2階客室からではありません。

 

よくよく耳を澄ませば........何と!外からです。

 

「館内でお子様の泣き声が響くことに配慮されて表に出られたのか?」

 

と、すぐさま外に出て確認しようとすると、何かよくよく聞けば....人間の赤ちゃんの泣き声ではありません。

 

その正体は

何と! ご近所の ”盛りのついた野良猫” だったのです!。

 

f:id:shigeru0214jp:20150809184406j:plain

「お~~~ま~~~え~~~ら~~~~~~~~~~~~っ!!!!!!!!」

 

「心の中で」叫びました。(しつこいですが、AM3:30ですから....)。

 

注釈:その筆者の”お前ら~~!”という想いには、お客様が起きてしまうだろう!という営業妨害に対しての想いとと、俺の貴重な睡眠時間を邪魔しやがって!!という自分の感情と、主に2つの想いが込められています。

 

 

 

サンダルを履いた私は、その鳴き声がするご近所の庭先まで猛ダッシュ!!しつこいですが、朝の3:30です。ダッシュです...しかも寝起きです.。

 

猫たちは一目散に逃げて行きやがりました!!。

 

それ以来鳴き声は聞こえて来なかったのですが、眠ったのがAM1:00で野良猫たちに起こされダッシュしたのがAM3:30、つまり2時間と30分しか睡眠を取れませんでした。

 

 きっと私がダッシュして野良猫達を追い払ったお陰で、お客様も去ることながらご近所さんも気になって眠れなかった方も居たのでは?と、ちょっと地域貢献した気分になりましたが、私が寝不足で今日一日体調が優れなかったのは、言うまでもありません。

 

飛んだ珍事件でした。

 

タイトルに翻弄されてがっかりされた皆様、最後にお詫びいたします!。

 

スミマセンでした....。