みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

やよいの見積・納品・請求書15 帳票テンプレートの作成

それでは第2回となります、会計ソフト・売上管理ソフトを導入しよう!シリーズ第2段!

 

今回は     「やよいの見積・納品・請求書15」 

 

の帳票テンプレート機能の使い方を説明します。

 

実は、このやよいの見積・納品請求書15で一番厄介な作業が、この帳票テンプレート作業です。私もこれで一番苦労しました。

 

一度自社専用のフォーマットさえ作ってしまえば、あとは作成時に必要なデータを入力するだけです。

今回のお話は、このソフトの導入設定(自社情報の入力等)が既に終わっている事を前提に話を進めます。

 

 

電子印鑑として使用するイメージを作成する

 

それでは、まずはじめにやっておいて欲しい作業が印鑑のイメージ作成です。

 

印鑑をスキャナーで取り込んで画像保存しておいて、帳票テンプレートを使って自社専用領収書を作る場合、その画像をあらかじめテンプレートに埋め込んでおけば、領収書発行の際いちいち印鑑を押すという手間から開放されます。

目の前にお客様がいて、急いで領収書をPC出力したいという場合に重宝します。

また、一度に100枚程度の領収書をPCで発行するような場合でも、100枚の領収書に印鑑を押すという手間からも開放されます。

 

その代わり、カラープリンターの環境が必須です。

そして、カラープリントですので、インク代もそれなりに掛かりますのでご了承を!。

  

モノクロレーザーのみのプリンター環境の場合、この方法は使えません。

  

印鑑のイメージの取り込みから説明します。 

印鑑を用意して頂き

 

 

綺麗な紙に押印して下さい。

スキャナーを使ってJPGで取り込みます。

 

f:id:shigeru0214jp:20150725200923p:plain

 

f:id:shigeru0214jp:20150725202500j:plain

角印をお持ちの方は、角印も一緒に撮りましょう。

 

スキャンが終わったらそのファイルを開きWindowsのペイントアプリを起動して、画像を取り込んで下さい。

 

まずは角印の取り込み(トリミング作業)をします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150725204249p:plain

①左上の選択タブをクリックして

②角印の枠ギリギリを囲んで

③トリミングを選択して

④新規で保存する(上書き保存しないように注意!!)

 

同じ作業をマルの印鑑でも行い、角印と丸印(個人事業のかたは実印)それぞれを別々に取り込みます。

 

印鑑を画像データ化しておけば、後に電子印鑑としても使用出来るので何かと重宝します。

  

帳票テンプレートで自社専用領収書を作成する

  

それでは、最初のホーム画面から。

f:id:shigeru0214jp:20150725200854j:plain

帳票テンプレートをクリックします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150725200901j:plain

テンプレートの新規作成をクリック。

 

  

f:id:shigeru0214jp:20150725200907p:plain

 領収書をクリック

 

f:id:shigeru0214jp:20150726165700p:plain

画面の左側に領収書として使用出来るテンプレートが出てきますので、こちらからベースとする好きなテンプレートを選びます。

 

今回は上から2番目の  ”領収書 B5(縦)”  をベースにします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726170052p:plain

選んだテンプレートが出てきます。

⇧の ”編集” をクリックします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726170432p:plain

図形・装飾タグの右側の⇓矢印をクリックするとタブが現れますので、その中の ”画像” をドラックして、テンプレートの好きな位地まで持って行ってドロップします。

f:id:shigeru0214jp:20150726171059p:plain

ドロップした四角い×印上で右クリックでプロパティーを開きます。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726171349p:plain

画像の設定をクリックします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726172305p:plain

最初に作成した印鑑のイメージを保存先より選んで ”開く” をクリックします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726173336p:plain

ファイルを選んで ”OK" をクリックします。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726173506p:plain

帳票に先ほど選択した印鑑のファイルが挿入されました。

 

あとはドラッグ&ドロップして、お好きな位置まで移動して微調整します。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726173905p:plain

同じ作業で今度は実印を右下の係員の欄にも挿入しましょう。

 

出来たら、画面右上の ”変更を保存する” をクリックします。

f:id:shigeru0214jp:20150726174050p:plain 

f:id:shigeru0214jp:20150726174310p:plain例えば屋号を付けるなど、分かり易い名前を付ければ、後にレイアウトを選択するときに迷わずに済みます。

 

f:id:shigeru0214jp:20150726174602p:plain保存したレイアウトが、画面左側の一覧に表示されます。

 

これで自社専用の領収書フォーマットが完成です!。

 

この要領で、得意先ごとに要望通りのレイアウトを幾つか作成しておけば、その都度レイアウトを選択するだけですぐに印刷できます。