みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

ゴールデンウィークに間に合いました・・・

皆様、昨日は新聞掲載にあたり、沢山の励ましコメント有難うございました。

 

業務の傍ら、iphoneはてなアプリを更新しつつ、新たなコメントに対して返信したりと、何とも充実した一日を送らせて頂きました。

 

さて、ゴールデンウィークまであと1週間です。

 

我がみかわ旅館としても営業活動にも余念がないのですが、日頃ご宿泊頂いている復興工事関係者様のほぼ9割以上のお会計が売掛処理・・・つまりは月末に締めて請求書を送付して翌月にご入金頂くという処理なので、実際のところ現金商売でもないのです。

 

かといって、釣り銭を用意しない訳にも行かず、少なからず小銭類も準備しているのですが殆ど陽の目を見ることもありません。むしろ、私か大女将(母)が仕入れに出かけるとき用に使われる方が多いような気がします。

 

まれに1泊のお客様で現金でのお会計もあるのですが、月に4~5回程度です。

 

それは良いのですが、最近、ビジネス利用のお客様でも 「クレジットカード使えますか?」とのお問い合わせが多く発生するようになりました。

 

勿論、対応していなかったので、そのようなお客様には会社名もしくは個人名で請求書を出して後日振り込んで頂くわけですが、1泊のみのお客様に対して請求書を出て後日振り込んで頂くとなると、当然銀行の振込手数料をご負担頂くことになるのです。

 

これも如何なものか・・・と考えこんで居ましたが、やはり今の世の中電子マネーやクレジットカードにも柔軟に対応出来る店舗でなければならないと思います。

 

電子マネーとクレジットカード。

 

普及率からすれば、当然クレジットカードのほうが多いわけですので、個人事業であろうと時代の流れに柔軟に対応しなければならないと。

 

余談ですが、現在インターネットでの決済の52%がクレジットカード決済なのだとか。

私も確実にその中に含まれますね。事業用で使用する電化成品や消耗品等もクレジット決済で導入しています。そんな時、クレジットカードが使えないショップに遭遇したら・・・。ネット決済で次に多いのは、やはり代引きかネットバンク決済あたりでしょうか?。但し代引きは手数料が300円ほど掛かりますね。でも、最近代引き手数料無料を謳う企業も随分増えてきたように思います。

 

クレジットカード最大のメリットは、決済が簡単なのと、ネット通販で言えば手続き処理が早い=注文してからの納期が早い・・・など。amazonプライムなどでは、この東北の地であっても、最短で翌日には商品が届きます(関東エリアのショップからの購入の場合)。

 

そして本題へ・・・。

 

そこで、いざクレジットカード決済を導入するにあたり、情報集めに入りました。

 

「クレジットカード決済」 でググって見ると・・・・代理店の多い事多い事。

 

有名どころで言えば、paypalとかクロネコwebコレクトとか。但しpaypalは、ネット決済が主流なので、当館のようなショップとなると導入の意味が無いです。しかも海外ブランドですし、何かと問題がありそう。paypal Hereという小規模店舗用の決済サービスもあるようですが、このpaypal、自分のクレジットカードを登録したりと導入までのスピードに難あり、手続きが超面倒くさそう・・・という印象。

 

そこで、国内のクレジットカード会社と直接の加盟店登録も検討。これには月々の固定費も発生したり、高額なカードリーダーを購入させられてりと、イニシャルコストとランニングコスト面で却下。しかも、まず加盟店審査が厳しいらしいので、うちのような小規模店舗で経営実績の少ない店舗ですと、明らかに通らなそう。

 

最終的に絞られたのが、「楽天スマートペイ」

 

国内サービスであること、イニシャルコストはIC・磁気対応カードリーダーのみで税込¥7.980-、月々の諸経費も不要で、決済時の売上の3.24%のみ差し引かれるという優れもの。売上は最短で翌日入金ですが、ここに落とし穴。売上入金時の振込手数料として¥168少々差し引かれてしまいます。これはネット銀行だから仕方がない。楽天銀行口座宛てであれば振込金額 ¥0- のようですが、楽天銀行に入金して貰ったらとしても、後日楽天銀行から引き落とした(資金移動した)際に、引落し手数料¥168-が取られてしまうので、同じ事です。(うろおぼえですが、¥30,000以上の引落しでは手数料がかからなかったような)。

 

楽天よく出来てるなぁ~と関心させられます。

 

ですので、実際にはカード決済手数料3.24%と振込手数料¥168が掛かるという事ですね。

 

これを高いと見るか、安いと見るか。

 

実はこれ、昨年度まで勤務していた飲食店で当時の社長も検討の結果導入した事で多少の知識・情報がありました。導入のしやすさと決済手数料も安かった事が導入のきっかけでした。

 

f:id:shigeru0214jp:20150425075414j:plain

 

 個人事業の旅館ごときで、クレジットカード決済というのもどうか?とは思いましたが、宿泊業はまず、客単価が高い 1名分の1泊素泊り料金でも最低で5,000~6,000円。これをビジネス利用 6名様などで宿泊して、決済は会社の法人カードで・・・となると、お会計は

 

5.000円 × 6名 = 30,000円(税別)

 

と結構な高額となるのです。

 

会社から仮払い現金を出してもらったとしても、この額の現金を持って歩くのも物騒な世の中ですし、まず本人がそんな現金持ち歩いたら、落ち着いて仕事にならないでしょう。

 

私も会社員時代、結構な大金を大阪~神戸まで持ち歩いていました。自分の財布+会社経費の財布のダブル持ちで、やはり終始落ち着きません。

 

という訳で、楽天スマートペイを導入致しました。

 

仮に請求書払いで、月末に請求書を出したからとて、貸倒れの可能性だって十分にあります(当館では今のところないです)。

 

入金遅れ(忘れ)とか・・・。

 

クレジットカード決済の売り手側の最大のメリットは、回収漏れがない事。これが一番だと思われます。

 

f:id:shigeru0214jp:20150425081425j:plain

ipad + アプリ + カードリーダーで運用します。

 

カードの利用明細は、決済終了後に旅館PC宛にメールしてプリントアウトという少々厄介な部分もありますが、POSレジを持たない店舗ですし、これはお客様にも目を瞑って頂きましょう。(プリントアウトまで1~2分お時間を頂く事に・・・)。

 

 

お会計時、お客様にとって一番のメリットとなる決済方法を選択して頂くというのもサービスの一環と考えます。

 

◯現金決済

◯末締め請求書払い

◯クレジットカード決済

 

こんな小さな旅館でクレジットカードが使えるなんて~!

 

って感動して頂けたら幸いです。

 

全国的に見ると、大きい温泉旅館であってもクレジットカード決済を導入していないところも多いようですが、これには宿泊業ならではの苦悩もあるのです。

大手旅行代理店、いわゆるエージェントさんと提携していてお客様を斡旋してもらうと、エージェントに対して売上の7~10%を取られてしまう。そこでカード決済までされると決済手数料までカード会社に取られてしまう。

トータルで売上の10~15%を持っていかれれば、儲けが取れません。

 

現在のところ、当館もエージェントを頼らなくても営業できていますが、将来は分かりません。もしかしたらクレジット決済を辞める時が来るかも知れませんが、現在の状況であれば必須と考えます。

 

決定から導入~加盟店審査~納品~運用まで約2週間程度。

 

何とかゴールデンウィークに間に合いました。

 

因みに本日から使えますよ!!。