みかわ旅館のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

当館の営業方針は・・・

ゴールデンウィークまであと3週間といったところでしょうか。

 

観光旅館になり損ねている 我が「みかわ旅館」 ですが、ゴールデンウィークの予約も徐々に入ってきました。本来の旅館としての機能は、こういった観光客様を迎え入れて地元食材を使った美味しい料理を召し上がって頂き、喜んで帰って頂くのが普通なのでしょうが、当館はちょっと勝手が違います。

 

市場のニーズが震災復興関連の業者様が多数を占める市内の状況を踏まえての開業であったのも事実ですが、連休だからといって普段予約があまり入らない観光客をいざ獲得しようというのは、どう考ええても虫がよすぎるのかも知れません。

 

しかしながら、私が幼少のまさにバブル全盛期は、やはり夏場の観光のお客様に支えられて来たのも事実なのであります。

 

一番の悩みどころはホームページ。

 

トップページの見出しを季節に応じて変えていかなければならない訳ですが、現在は観光のお客様と工事のお客様、双方に対して発信しているため、ごちゃごちゃのトップページになっており、ちょっと痛いHPだな・・・と感じています。

 

一体おまえはどっちのお客様を優先するんだ!!

 

という声が聞こえてきてもおかしくありませんね。

 

しかしながら、ゴールデンウィークに復興関連の現場が動いているとも考えにくく(実際に工期が遅れている現場は分かりませんが・・・)、工事関連のお客様はきっと地元に戻り家族と共に過ごされることでしょう。そうなると、当館はがら空きになってしまうわけで、だったら観光で訪れるお客様を迎え入れようという方針は、ごく当たり前の事になるのでは?と思います。勿論、普段から観光のみのお客様を受け入れられている市内の老舗ホテル・旅館には集客力では叶いませんが、それでも当館を目指して来てくれるお客様には誠心誠意のおもてなしでくつろいでいただこうと考えています。

 

何と言ってもグローバル旅館ですから・・・・笑。

 

お客様にサービスをして喜んで頂くのも確かに必要ですが、稼ぎどきだからとてうちの坊っちゃんにもある程度のサービス、いわゆる家族サービス的な事もしてあげなければな・・とも思っています。ですので、最終日の5/6(水)のみお休みとさせて頂きました。

最近では、土日もお客様に宿泊頂いている都合上、家族とお出かけはこの半年間で2度程度で、やはり子供には寂しい思いをさせてしまってます。

普段も、夕方保育園から帰ってくると、そのまま旅館で夜7時まで過ごしてもらい、ご飯を食べさせ、お客様に夕食の提供が落ち着いた頃にばあちゃんと一緒に自宅に帰るというスケジュール。

f:id:shigeru0214jp:20150410084022j:plain

実際に私も幼少の頃は同じように過ごしていたのですが、それを我が子にも同じ思いをさせるというのは、親として非常に複雑なものもあります。でも、きっと大きくなったら親の気持ちも少しは分かってもらえるのかな?今の私のように・・・。

 

なので、ゴールデンウィーク最後の日は、”わがまま”をいっぱい聞いてやりたいなと思います。