みかわ旅館のブログ

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

おはようございます

岩手県宮古市の今朝の最低気温は-4度。

f:id:shigeru0214jp:20141223073933j:plain

昨日からの暴風と若干の雪の影響か、路面にはうっすら雪が積もりました。

 

今年の北日本の太平洋沿岸はまだ恵まれているようです。日本海側とお隣青森県は大雪で大変な様子です。

 

いつも早い読売新聞も、高速が通行止めという事で配達が大幅に遅れていて、今現在も未だ来ていません。天候が天候だけに仕方がないです。

 

明日はクリスマスですが、旅館としても滞在されるお客様に対して、何か季節を思わせる料理の提供を考えなければと試行錯誤中です。と、悩んでいるうちに昨日、市内のケーキやさんに行って、宿泊人数分のケーキを予約してきました。ホールケーキはカット次第でクオリティーが損なわれそうだったので、手抜きで?ショートケーキにしました・・・笑。

 民宿時代でもやったことの無いサービスですが、現状を考えると少しでも今の宿泊頂いているお客さまに、「ここに泊まってて良かった!」と思わせる施策は必須と思いました。

母には「別にそこまでやらなくてもいいのに・・・」と苦言を言われましたが、家族で過ごしたいところを復興工事の為に宮古に滞在してくれているのに、クリスマスにケーキ一つも食べさせて上げられないのは如何なものか?との思いつきでした。

 

と、いくら私どもが頑張って接客・料理の満足度を上げて、滞在されるお客様にサービスをしたとしても、今いらっしゃるお客様は元請さんの手配により宿泊されているお客様であり、自分たちの意思で当館をご利用頂いている訳ではないので、無駄骨に終わる可能性は大です。しかしながら、元請さんに媚を売って長期の予約は取れたとしても、実際に当館をご利用頂く下請さんに満足してもらわなければ、当館の存在そのものが危ぶまれます。私の目指すところは、今宿泊頂いている業者様が近い将来ご家族を連れて再来館して頂く事。ここで満足度を上げなければ、みかわ旅館の将来はないと予測します。

 

だからといって、元請さんに対してクリスマスケーキを差し入れするのはおかしい話です。

 

実際問題、元請さんが興味があるのは、下請さんの宿泊満足度よりも ”長期宿泊単価”なのです。非常にシビアな問題ですが、これが現実なんだ と、この1週間いろいろあってそう感じました。

 でも、安売りはしたくありあません。長期で宿泊させる以上、元請さんも出来るだけ経費は抑えたいと考えるのは当たり前の事ですが、価格を下げたところで私どもはサービスと料理の質まで下げる訳には行きません。それだけは絶対に避けなければなりません。

 サービスの質と料理の満足度は、絶対に他に負けてはいない!!そう自分たちが提供しているサービスに自信があるからこそ、私は当面この現状価格で勝負したいと思っています。

 

と、と強がりを言っても、現実は更に厳しいものになるのでしょうね・・・。

 

その時はいろいろ考えます。

 

私たちのお客様は目の前にいる!!。

 

元請さんとの微妙な距離感も感じつつも、この事を肝に銘じて年末から年始にかけて営業活動を密にし、来年の顧客獲得に乗り出したいと思っています。

 

来年もまた、今のお客様が戻って来てくれる事を願いつつ、新しいお客様を胸を張ってお迎えする事が出来るよう、年末にしっかり旅館を磨きたいと思ってます。

 

人手は相変わらず足りないですが、清掃用具の準備は完璧なのです!!。