みかわ旅館のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ旅館のブログ

宮古市の宿として2014年に再オープンしてからの日々の出来事を綴ります。

Mikawaryokan's Log

震災に負けず立ち上がった宮古の名も無き旅館の記録
MENU

個人事業主に角印は必要ですか?

個人事業奮戦記

というタイトルのもと、実は私自身が質問したい事なのですが、個人事業主として事業を行っていく

 

場合の角印は必要ないとの周りのかたのアドバイスにより、今まで作る気すらしてませんでした。

 

が、ネットで調べてみると、その回答は様々でした。

 

「必要ない!!」

 

「私は個人事業を10年やってるけど、認印以外使った事がない!」

 

「個人の実印で充分!!」

 

「あればあったでいいんじゃない??」

 

「開業の記念として作ってもいいのでは?」

 

「法人を相手にビジネスをするなら、請求書・領収書の作成の際には見栄えプラス信用もよくなる

 

のでは??」

 

等々、様々なご意見が飛び交っておりました。

 

所詮 私が個人事業であるので、「個人 対 法人」という関係。

 

当方は ”個人” であり ”法人” ではないので、法務局に印鑑登録するわけでもないので、やはり

 

自己満足なのでしょうね。

 

このところ開業から2ヶ月が過ぎて、心にも若干ながら余裕が出て来ましたら、やはり請求書

 

・領収書の作成がなんか物足りないのです。

 

月間の会計の約8割は売掛になるので、請求書はほぼ毎日作成しなければならず、会計ソフトと

 

PCは大忙し。

 

請求書・領収書作成の後に自分の実印を押していますが、100%法人企業様相手でこの方法・見栄えで

 

よいのかどうかと日々自問自答。

 

法人が相手であれば、請求書を送付した企業の経理担当者さんは、日々他社様の請求書の山を見ている

 

と思われますが、その中に個人事業主の実印が押してある請求書を受け取った場合、どのような感情

 

を抱くのか?ふと疑問に思います。

 

実際にお客様に電話して、「うちの請求書どうですか?」なんで聞けるわけも無く・・・。

 

という訳で、なんと思い切って作ってしまいました。(安いのですけど)。。。

 

背伸びしている訳でもなく、ただただ 「記念に」 という意味で・・・です。

 

でも、見栄っ張りな自分の性格も分かっているつもりですので、その正確が後押ししたのも言うまでも

 

ありません。

 

いずれにせよ、その印鑑の風格に見合った商売を心がけて、「印鑑負け」しない旅館作りに勤しみたい

 

と思っています。

 

という訳で、個人事業に角印は・・・

 

「作りたければ自己満足で作る」

 

という結論に達したのでした。